幹事術

【例文付き!】飲み会幹事の挨拶の仕方を解説

【例文付き!】飲み会幹事の挨拶の仕方をを解説

飲み会幹事
飲み会幹事
・会社の飲み会幹事に急に指名されてしまった。。
・飲み会の幹事って挨拶しなくちゃいけないの?
・飲み会の挨拶って何を言えばいいの?

と悩んでいる方はいませんか。そんな方はこの記事を読めばその悩みを解決することができます。

現在、私は金融系の会社(頻繁に飲み会が開催)に勤めており、10人規模の同僚の飲み会から100人規模の会社の懇親会まで、飲み会幹事をかれこれ40回以上は務めてきました

最近だと飲み会が終わると「名幹事だったね~」「挨拶うまいね!」と言われることも増えてきました。

この記事では、数々の飲み会から学んだ「挨拶の流れ」と「挨拶のテンプレート」を解説します。

この記事を読んで実践いただければ、もう飲み会の挨拶で困ることはありませんよ。

1.飲み会幹事が知らなきゃいけない挨拶の流れ

飲み会幹事に指名されたら、飲み会の始まり方、終わり方をしっかりと把握しておく必要があります。

普段何気なく飲み会に参加していると、あまり意識していなかもしれませんが、飲み会にはお決まりの流れがあるのです。

これを間違えると微妙な空気が流れてしまうので要注意です。

実際に私も初めて飲み会幹事をやったときは、流れを全く理解しておらず飲み会終了後にお叱りを受けたことも。。。

一般的な飲み会の流れは以下の通りですので、覚えておきましょう。

①司会の挨拶(幹事)
②開会の挨拶(1番偉い人)
③乾杯の発声(3番目に偉い人)

~歓談~

④司会進行(幹事)
⑤主役の挨拶(歓送迎される人)

~歓談~

⑥司会進行(幹事)
⑦締めの挨拶(2番目に偉い人)

これを見ると分かるように、幹事は飲み会中に何度か挨拶をすることがありますので、慣れない方は事前準備が必要かもしれません。

 

2.飲み会幹事の挨拶を例文付きで解説

幹事は飲み会中に何度か挨拶をしなければなりませんが、全く気負う必要はありません。

なぜなら、飲み会幹事の挨拶は誰も気にしていない上に、定型文を話しておけばOKだからです。

実際に、皆さんも最近参加した飲み会の幹事がどんな挨拶をしていたかなんて覚えていませんよね?

ただ、何かしらは話さなければならないので、これから例文付きで挨拶を紹介します。

(1)飲み会開始時の挨拶

飲み会のお店に到着し、ファーストドリンクが手元に揃ったら、いよいよ幹事の挨拶の出番です。

ここで求められるのは、「飲み会の趣旨説明」と「乾杯までのスムーズなバトン渡し」です。

参加者は早くお酒を飲みたいので、幹事には気の利いた一言など求めていません(笑)

以下の例文を参考にササっと挨拶してしまいましょう。

(飲み会開始時の挨拶)
皆さま、本日は○○の会にお集りいただきありがとうございます。本日の幹事を務めます△△です。

○○の会開催にあたりまして、□□部長より多大なご寄付を頂戴しておりますので、この場を借りてご披露させていただきます。
□□部長、ありがとうございます。

では、早速ではございますが、開会のご挨拶を□□部長より頂戴いたします。
□□部長、よろしくお願いします。

~□□部長挨拶~

□□部長ありがとうございました。

続きまして、××課長より乾杯のご発声をいただきます。
××課長、よろしくお願いします。

~××課長乾杯~

××課長、ありがとうございました。
それでは、これよりしばしご歓談とさせていただきます。
また、会の中頃に今月末でご退職される◎◎さんよりご挨拶を頂戴しますので、その頃にまたお声がけさせていただきます。

 

(2)飲み会中盤の進行

退職や部署異動、結婚などその会の主役がいる場合は、飲み会の中盤に挨拶をしてもらいましょう。

飲み会開始から1時間程度経過したら、頃合いを見計らって進行をしましょう。

このときも、主役にバトンを渡すことが求められているだけなので、簡単に済ませましょう。

(飲み会中盤の進行)
皆さま、ご歓談中失礼いたします。

それではこれより、今月末でご退職される◎◎さんよりご挨拶を頂戴します。

◎◎さん、よろしくお願いします。

~◎◎さん挨拶~

◎◎さん、ありがとうございました。
それでは、またご歓談とさせていただきます。
終わりの時間が迫ってきた頃に、またお声がけさせていただきます。

 

(3)締めの挨拶

飲み会には締めの挨拶が必要です。退店時間の10分前になったら締めの挨拶に移りましょう。

飲み会終了間際になると酔っ払う人も出てきて、スムーズな進行が難しい場合があります。

このときに求められるのは、「場を静かにさせてから締めの挨拶にバトンタッチすること」です。

最後は力技になりますが、恥ずかしがらずに大きな声を出しましょう。このときのことは酔っ払って誰も覚えていないので大丈夫です(笑)

(締めの挨拶)
皆さま、ご歓談中失礼します。
宴もたけなわではございますが、終了のお時間が迫ってまいりました。

最後に、■■副部長より締めのご挨拶頂戴します。

■■副部長、よろしくお願いします。

~■■副部長挨拶~

■■副部長、ありがとうございました。
本日は皆さまお集りいただきありがとうございました。
お忘れ物ないよう、気を付けてお帰りください。

 

3.意外と忘れがちな飲み会の挨拶依頼

ここまでの記事でお分かりのように、飲み会では幹事以外の人も多く挨拶をします。

挨拶をいただく人に対しては、事前に依頼をしておくことを忘れないようにしましょう。

部長や課長は飲み会経験も豊富なので、なんとなく挨拶を求められることは分かっていますが、念のため事前に飲み会のどのタイミングで挨拶をしてほしいか、依頼しておきましょう。

挨拶依頼をせずに、飲み会中に急に振ってしまうと相手もびっくりしてしまい、恥をかかせてしまうかもしれませんので、ぬかりなく依頼しましょう。。

 

4.まとめ

いかがだったでしょうか。この記事では、飲み会幹事の挨拶について以下のことを解説しました。

・飲み会幹事が知らなきゃならない挨拶の流れ
・飲み会幹事の挨拶を例文付きで解説
・意外と忘れがちな飲み会の挨拶依頼

この記事の通り、幹事の挨拶を実践していただければ、飲み会をスムーズに進行できるでしょう。

是非、実践してみてください。

飲み会の幹事がやることは以下の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

【飲み会幹事必勝法】これさえやれば大丈夫!飲み会幹事のやることリスト

 

  • この記事を書いた人

ヒロ

金融企業新卒入社から外資コンサルファームへ転職/無理せずサイドFIREを目指して日々活動中/▶︎家計管理▶︎資産運用▶︎人生論などを発信します

-幹事術

Copyright© HIROBLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.