お金のこと 投資

投資を始めるには絶対NISAを利用するべき理由

困る人
困る人

・投資をするのにNISAって制度があるって聞いたけどどんなもの?
・NISAとつみたてNISAは何が違うの?

という疑問にお答えします。

私は自分だけでなくお金にも働いてもらって、経済的自由を達成したいと思って生活しているサラリーマンです。

これまで、お金に働いてもらうために、4年程前からNISAを利用して投資をしてきました。

そんな私が、NISAの制度つみたてNISAとの違いおすすめの証券口座について解説します。

 

1.NISAって何?

NISA(ニーサ)とは、日本語で少額投資非課税制度を意味し、投資慣れをしていない人にもチャレンジしてもらうために国が作った制度です。

内容は「小額の投資で得られた利益にかかる税金を0にするよ」という制度です。

本来、投資で利益が出た際には、20%程度の税金がかかります。

その税金を一定の条件で0にしてくれるというとても素敵な制度です。

NISAを利用するためには、証券口座を開設して必要な手続きをする必要がありますが、税金が0になるのですから、利用しないと損ですね。

 

2.NISAとつみたてNISAは何が違うの?

NISAには、「一般NISA」「つみたてNISA」の2種類あります。

それぞれの違いは、投資上限金額、非課税期間、投資可能商品などにあります。

一般NISA つみたてNISA
投資上限金額(年間) 120万円 40万円
非課税期間 5年間 20年間
投資可能商品 株式から投資信託まで幅広い 金融庁が認めた投資信託に限られる
おすすめの人 投資信託だけでなく株も買いたい人
投資資金に余裕がある人
毎月コツコツ始めたい人
積立でほったらかして運用したい人

どちらの制度もメリットだらけなので、自分の性格や運用できる資金と相談するといいと思います。

株式も含めて幅広い商品を定期的に売買したいという方はNISAを、投資自体初めてという方は貯金感覚でつみたてNISAで運用することをおすすめします。

 

3.何から始めればいい?

NISAをはじめたいという人が、まず最初にすることは証券口座を開設することです。

証券口座を持っていないとNISAを利用できません。

証券口座を開設する際に重要なことは、手数料が低い会社を選ぶことです。

手数料を低く抑えるためには、店舗を持たないネット証券を利用することをおすすめします。

その中でも、楽天証券SBI証券をおすすめします。

 

楽天証券

楽天証券は、楽天ポイントで投資ができたり、楽天カードで決済ができるなど楽天経済圏で生活されている方は、多くのメリットを受けることができます。

 

SBI証券

SBI証券は、海外の投資商品に強く、手数料も安いのでおすすめです。

この2つは手数料が安く、さらに幅広い商品を取り扱っているので、多くの方が利用されています

 

4.まとめ

この記事では、NISAについて解説しました。

NISAは小額の株式投資で得られる運用益に税金がかからなくなる制度で、どんなに小さな金額で投資をされる方も利用しないと損です。

まとめ

・投資をしている人は、NISAを今すぐ始めるべき
・投資初心者は、まずはつみたてNISAで小額からコツコツ始めよう
・証券口座は、楽天証券かSBI証券がおすすめ

是非、皆さんも無理のない範囲で資産運用をして、効率よく資産を増やしていきましょう。

  • この記事を書いた人

ヒロ

金融企業新卒入社から外資コンサルファームへ転職/無理せずサイドFIREを目指して日々活動中/▶︎家計管理▶︎資産運用▶︎人生論などを発信します

-お金のこと, 投資

Copyright© HIROBLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.