お金のこと 家計管理

20代独身の人には保険がいらない理由_保険を見直してスマート家計を実現

保険に悩む人
保険に悩む人

・保険っていつからどのようなものに入るべき?
・もしもの時に備えてとりあえず生命保険くらいには入っておくべき?

とお悩みを持っている方に向けて、保険の必要性について回答します。

ちなみに、私は命保険や医療保険などには一切加入しておらず、賃貸契約に必要な火災保険にだけ加入しています。

なぜ私が保険に加入していないのか、そもそもどのような人に保険が必要なのかを解説します。

私のプロフィール

・20代独身サラリーマン
・新卒で金融系企業入社後、外資系コンサル企業へ転職
・都内1人暮らしで年間貯金100万円以上

スポンサーリンク

 

1.20代独身の人に保険は必要ない

保険には生命保険や医療保険、自動車保険、火災保険など様々なものが存在していますが、基本的には20代独身の人に保険は必要ないでしょう。

なぜ、そんな事が言えるのかをこれから解説していきますが、その前に保険について理解しておきたいことが2つあります。

保険について理解しておきたいこと

・保険は万が一のことがあった際に自分や家族が生活に困窮しないようにするために加入する
・保険会社は儲かっており高給取りが多い

ちなみにこんな事を言っている私も以前に、貯蓄型生命保険という何ともナンセンスな保険に加入していました。。

貯蓄型保険は必要ない?本当に必要な保険を見極めよう!

 

(1)保険に加入する目的

そもそもなぜ保険に加入する必要があるのかを改めて考えましょう。

保険は万が一のことがあった場合に自分や家族が生活に困窮しないようにするために加入するものです。

では一体、「生活に困窮する」というのはどんな場合でしょうか。

生活に困窮する例

・自宅で火災が発生して住む場所を失う
・自動車事故で他人死亡・大怪我させてしまい高額な賠償金が発生する
・小さい子供がいる家庭の親が亡くなり生活費を確保することができない

おそらく上記のような場合は生活に困窮してしまうと思います。

では、以下のような場合はどうでしょうか。

生活に困窮しない例

・病気や怪我で1ヶ月程度入院する
・独身で自分が亡くなる

このような場合は、日頃からきちんと数ヶ月分の生活費確保していたりすれば、誰かが生活に困窮する可能性は低いと思います。

つまり、医療保険や独身の人の生命保険などは必要ないということです。

毎月保険料を支払う余裕があるなら、まずは数ヶ月分の生活費を貯めて、その後は資産運用をする方がずっと効率がいいのです。

(2)保険で儲かる人は誰なのか

保険会社では、我々から徴収する保険料よりも保険会社が支払う保険金が多くなることは決してありません。

そんなことをすれば、保険会社の利益は上がらないですし、会社は潰れてしまいます。

さらに、大手保険会社の平均年収はなんと1,000万円を超えると言われています。

つまり、保険会社はそれだけ儲かっているということです。

保険に加入することで得する人は誰なのかは改めて認識しておきましょう。

2.最低限加入しておくべき保険

ここまでは、保険に加入する必要はない!と力説してきましたが、それでも最低限加入しておいた方がいい保険はあります。

それは、万が一のことがあった場合に自分や家族が生活に困窮してしないようにする保険です。

具体的には以下の通りです。

最低限加入しておくべき保険

・自宅で火災が発生して住む場所を失う               →火災保険
・自動車事故で他人を死亡・大怪我させてしまい高額な賠償金が発生する→自動車保険(対人)
・小さい子供がいる家庭の親が亡くなってしまい生活費が確保できない →家庭持ちの生命保険

(1)火災保険

住宅ローンや賃貸物件契約時には加入が義務付けられていることが多いですが、火災保険は入っておいた方がいいでしょう。

万が一不注意で自宅が火事が発生した場合、住む場所を失うこととなります。

住む場所を確保するには相応の費用がかかりますし、住宅ローンだけ残ってしまうとなれば、一気に生活は困窮してしまうでしょう。

(2)自動車保険(対人)

自動車を所有している人は対人自動車保険には加入しておくべきです。

もし、自動車事故で他人を死亡・大怪我をさせてしまうと、数千万円単位の賠償が発生する可能性があります。

保険に加入していない人が事故を起こしてしまうと、一生賠償金を背負い続ける生活を送ることになってしまいます。

もちろん事故には細心の注意を払う必要がありますが、金銭面の問題は解決できるでしょう。

(3)家庭持ちの生命保険

小さい子供がいる家庭で、万が一どちらかの親が亡くなってしまうと、途端に生活は苦しくなります。

身近に頼れる人がいればいいですが、ひとり親で育児と仕事をすることは金銭的にも体力的にも困難です。

生命保険に加入しておくことで、当面の生活費や養育費を確保できるので、ある程度の余裕を持つことができます。

3.まとめ

20代独身には保険がいらない理由と、最低限加入しておくべき保険について解説しました。

基本的には保険は万が一に備えるものなので、数ヶ月分の生活費などが確保できているのであれば、大概の保険は必要ありません。

改めて、自分の保険を見直してみて無駄な出費を抑えて、スマートな家計管理をしていきましょう!

  • この記事を書いた人

ヒロ/周りの目を気にして一歩踏み出せずにモヤモヤしている人専属ライフコーチ

1994年生まれ。幼少期に父に机ごと殴られたトラウマと、生まれつき胸の中心が凹んでいる漏斗胸により、物心ついた頃から周りの目に怯える。高校でサッカー部の部長を務めながら毎日勉強を続け早稲田大学に合格。大学卒業後は倍率100倍越えの大手金融機関へ入る。周りの目を気にせず自分の意思で行動したいと思い、レールを降りて外資コンサルへ転職を決意。同時に自分のように“モヤモヤした人”をサポートするためにライフコーチとしての活動を開始

-お金のこと, 家計管理

Copyright© HIROBLOG , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.